Pages

09 January 2016

外回転術 in Denmark


皆々様,遅ればせながら,2015年は大島重工揃って大変お世話になりました!ふと気がつけばs.の本厄であった2015年を無事乗り越えられたのも,皆様のお陰です.今年も,至らない大島重工なりに精進して参ろうと思っています.どうぞよろしくお願いします.

さて,新年と言えば,目標です.

実は,暮れに行っていたハンブルグ旅行からの帰り道,ひどい頭痛を発症してしまった,p. 
クリスマスにはご馳走や飾り付けをがんばり,ハンブルグ旅行では,スーツケース+ベビーカー+ボストンバッグを抱えつつ私とa.の面倒で...いつものごとく突っ走って,突っ走って,疲れがどっと出たのだと思います.

そんなp.に私が課した新年の目標は.

「普段から,もうちょっと人生緩やかに生きてください.そしてもうちょっと寝てください!」

彼はいつも100パーセントで生きてしまう人で,無理している事を自覚できず,更には寝る時間勿体ない!って人なので... でも,今回は流石に「分かった」と大人しく聞いてくれて,実際,珍しく,年越しパーティーに行くのも,うちでの新年会も,大人しく諦めていました(本来なら無理をしてでも実行しちゃっていたはずです).そして,ここ最近,割としっかり夜寝てくれてます.元気に長生きしてもらわないと困るので!よろしくお願いしますよ〜!

そして,私にもp.から新年の目標が課されました.

「a.に,一日一冊,日本語で絵本を読んでやってください」...

保育園ではデンマーク語,家の中では3人家族揃っている時は英語.p.とa.二人の時はベトナム語,s.とa.二人の時は日本語.と,決めてはいるのですが.どーしたーって,a.も,英語がやっぱ一番分かっているから,結局私は楽な英語の方に流されてしまう事がほとんど...p.は「a. には絶対日本語を!」(←ベトナム語はあんまりどうでもいいらしい)というモットーなので,この私の怠け具合を懸念されていたわけです.

しかも,そう,絵本ね... p.が絵本一緒に結構読んでるからいいやぁ.と,私はそこらへんもさぼっていた訳ですよ.気がついたら,p.が一生懸命つたない日本語(ひらがな読むくらいは出来るので)でa.と日本語の絵本を読んだりしていたから,a.の日本語の発音や語彙センスも相当微妙に...

もちろん,a.の言語スキルはめっちゃ低いし(単語をせいぜい2,3個繋げられるか繋げられないか),言語めっちゃくちゃに混じりまくってます.例えば,「もっとご飯くれ」は →「mere gohan please!」
素晴らしい程に3カ国語の単語がこの短い文章に奇麗におさまっちゃってます.

それでも,コミュニケーション学専門の私的には,こっちが笑いを誘うようなキューを出せば本人合わせて笑ってくれてるし,所謂turn-taking は内容はどうであれタイミングは合ってるし,映画見てると,怒ったり怖がったり悲しがったり,と,割と情緒豊かな反応してるし.. コミュニケーション能力はまぁあるんではないかぇ?と思って全く呑気に構えていたのですが...

p.的には,「他んちの子見てご覧よ!a.より丸々一歳年下の子が凄い長い文を作って喋っているよ!」と.心配しているわけですよ.まぁ,確かに,もうすぐ幼稚園だしね...

そんな訳で,私も一日一冊a.と一緒に日本語の絵本を読む事を約束し,今の所続いています.続くかな...いや,頑張って続けます!

前置きが長くなってしまいましたが,今日のお題は昨日あった出来事.

3週間ぶりの助産師さん検診が朝一であったのですが.産休ぼけの私は寝坊してしまいギリッギリで家を出ました.頭ボッサボサだったけど,どうせ行って30分以内の検診で帰って来るだけだから,と,「僕も一緒に行きたいんだけど..」というp.を「いいよ!多分来ても意味ないし,バス代勿体ないじゃん!」と振り切り,出かけた訳です.

助産師さんに「具合はどーぉ?」と聞かれ,「なんか下に下がったー,って感じ.頭も下にあるからか,a.の時とは違ってもう出て来る準備オッケー,って感じー!」としゃぁしゃぁと言ってのけ「あらそぉ,良かったわ!じゃぁ一応触ってみましょうね〜」と台の上に乗った所...

そーしーたーら.この期に及んでなんといきなり逆子になっている事が発覚.助産師さんが私のお腹触って逆子発見した時の「げーっ」って感じの顔つきが忘れられません... 前回の検診ではもうしっかり頭が下で定着してるねって感じだったから,臨月入るまで逆子だったa.の時とは逆に「もうこの子は準備できちゃってるんかね,やばいじゃんね」なんてp.と話していたのに...

めっちゃ下がって来ていた気がしていたのは逆子がゆえに膀胱と肛門のあたりをどかどか蹴られていたからだったのですね...

で,助産師さんが早速病院へ電話.なぜいきなりここで回転しちゃったのかって理由に心配な点もあるかもしれないから,エコーして赤ちゃんの健康を調べる+ドクターに会って相談?って事でした.

実は,その日は15時半からとある用事が入っていて,その前に準備もしなくちゃだったし,私はとりあえず今日は帰りたい気満々で.. 雪の中来たら,靴と靴下がびっちょびちょになってしまい,気持ち悪いから早く着替えたいし....アンド,今回の赤ちゃんはずっと平均より小さめということで,どっちみち赤ちゃんの体重増加チェックのエコー検診が来週の頭に入っていたから,そこでいいんじゃ?と助産師さんに提案するも.

助産師さんは険しい顔で,「逆子のままで,万が一今週末破水とかなった場合大変だから.今日ちゃんと病院行ってくれないと」と.私,変な提案をしてまたもや「母マイナス点」を稼いでしまった...

その後,病院に回され,まずは,赤ちゃんの状態を調べるため寝転んで30分程心拍を計る.「胎動を感じる度にこのボタン押してね」と言われていたのに,私,今朝バタバタと出て来て珈琲飲む時間なかったし,雪の中歩いたりして疲れていたから,眠さがマックスで,うっかり爆睡... 30分後に入って来た看護師さんにもバレてたと思うけど,特に怒られなかった.ほっ

この後ドクターがエコーで赤ちゃんの様子を見るだけかと思っていたら,看護師さんが「今から注射するね.心拍早くなって喉の変がカッカすると思うけど,その副作用は1時間くらいでなくなるから」と.え?なんで注射???「お腹をリラックスさせる為よ」え,なんで?「この後,ドクターが赤ちゃん回すから」

??? 

回すって,手で回すの?「そう.痛すぎたら,ドクターにそう言えばいいから」.. そして注射をされたところで,p.からのテキストメッセージ.そうか,帰り遅いから心配してるじゃん!慌てて電話して状況を伝えると,本人もびっくり.「今から行くから!」と.いや,今から来られても,着くのはせいぜい45分後とかでしょ.その頃にはもう全ては終わってるからいいよ.「でも,s.がそんな状況を1人でやり通しているなんて...」相当私は何もできない人間だと思われているのでしょう.「とにかく,だいじょーぶ,帰り道また電話するから!」と一喝して,電話を切り,ドクターのお部屋へ.

帰り道のバスの中調べていて判明したのは,どうやら私がしてもらったのは「外回転術」たるものらしい.で,多分私がされてた注射は張り止めってことね.日本のサイトを見ていると,この施術方法のリスクが色々書かれているけど,私がドクターに説明されたのは「安全だから!」の一言でしたよ..??もちろん,その「安全」という判断は,まずエコーで色々状態を見て施術のための条件が満たされているかを確認しての上で,って事だったのだけれど.

ドクターが「痛い!無理!って思ったらすぐ言うのよ」と何度も言うので,どんだけ痛いのかと思っていたけれど,私の場合はそこまで痛くありませんでした.ドクターが「結構押してるけど大丈夫?」と気遣ってくれた時も,「大丈夫,早くやっちゃって!」って感じ.で,施術はスムーズにゆき赤ちゃんはものの一分で回ってくれました.ドクターと看護師さんが「あなた良くやったわ!」と言ってくれた時,ちょっと涙が出ちゃいました.こういう文脈では,とにかく私は「びびってる母」「痛みに耐えられない母」「情けない母」「疲れちゃった母」(全てa.の出産時の経験ですが...)というレッテルを貼られて来たため,そんな風に言ってもらえた事がびっくりで,嬉しくて.

その後,看護師さんに「10分くらい歩いて来て!寝っ転がらないでね」と言われた通りに歩き回り,その後また30分の赤ちゃん心拍チェックをして,家に無事(15時半の用事に間に合う事ができました)戻ってきました.

しかーし!
折角治してもらったのに,なんだかまた回転された気がする...

ドクターには,「また逆子になったら電話してね.また施術するから」と言われたものの,逆子になったって,どうやったら分かるの?と不思議でしょうがない私.胎動の変化とかで分かるわよ,って言われたけど...

でも,そう言われてみると,クリスマスあたりから胎動がちょっと変な痛さに変わっていたし,なんか固いものが上の方にいつもあった.(助産師さんに,「そうよ,それが頭だったのよ!わかんなかったの?」と言われた)

で,昨日の晩,うーん.なんだかまた膀胱蹴られてる感..そして上の方に固いの..これ頭なのかお尻なのか,はたまた手か足なのか...週末があけたら一応助産師さんに電話して,また行くべきかどうか聞いてみようと思いますが.逆子かどうかって判断,私にはやっぱり良く分からない><

しかーし.私がバス代をけちったばかりに,このイベントに立ち会えなかったp.にはかなり申し訳なかったっす... 次回の助産師さん検診には,しっかり夫婦揃って参加しようと思った次第です.


1月14日10:30AM  その後の報告つけたし:

その後の経過報告です.上記のブログを書いたのが金曜日.月曜日には病院に電話しようとも思いつつ,なんだか腰が重く,結局昨日の水曜日までさぼっちゃってました.あと,逆子に戻っていたとしても,それは本人的にそこが気持ちいいから?と.また無理矢理回されるのはなんとなく可哀想な気がして... 逆子の場合,破水したらとにかく動くなってことだったので,それをしっかり胸にとどめつつ,赤ちゃんのペースで好きなようにさせてあげたいなとのんびり考えていた訳ですが.

p.が心配していたのが分かったし,昨日の朝はっきり「やっぱり逆子だ!」と感じたので,病院に電話して翌日のアポをとりました.そしたら,昨晩の夜中にいつになーくダイナミックな大きな動きを感じ,それが痛くて痛くて.狭い中無理矢理回ってる!?と感じて.

今朝病院で見てもらったら,しっかり頭が下になっていました!もう38週に入るし,ここにきて逆子にまたなる可能性はきわめて低いとの事.でも,ちょっとでも心配になったらいつでも電話するのよー,と,優しく言ってもらえて安心しました.みなさまご心配おかけしました&シェアさせてもらっちゃってどうもどうも有り難うございます!

No comments:

Post a Comment