Pages

12 December 2015

2015年夏休み旅行:スコットランド

2015年が終わってしまう前に, 今年の夏休み旅行を記録.

去年は電車でスエーデンを回る旅でしたが,今年はスコットランド2週間のロードトリップ.なんでも,p.が小さい頃から行きたかったそうで.(ってp.に語らせると地球の全てがそうなっちゃうんだけど...)

ルフトハンザ航空で,ビルン→フランクフルト乗り換え→アバディーン.帰りはエジンバラ→フランクフルト乗り換え(ついでに姉家族のところへ2泊)→ビルン.という道のり.

飛行機やホテルも予約し,着々と準備がされていた6月初旬に,つわりが始まり赤ちゃんを授かっていることが分かりました.計算すると,7月中旬のスコットランド旅行とつわりピークがドンピシャで... a.妊娠時もつわりには苦労させられたので,旅行の醍醐味である食べ物も堪能できないだろうし,ほぼ毎日ドライブで移動というキツイ日程を乗り越えられるのか??キャンセルしようかどうか少し迷ったのち,結局予定通り出発.案の定この頃にはつわりが酷くなっていたけれど,気が張っていたせいか行きの道のりではつわりのことを少し忘れていました.

1日目.

ビルン空港から19時に出発.a.は今回2歳になって初めての飛行機.今までとは違い,料金を払って「自分の席」に座ります.



アバディーンのホテルに着いたらもう24時.a.もよく頑張りました!空港から徒歩圏内のSpeedbird Innで3人揃って爆睡.

29 October 2015

3度目の正直!?今度こそ,大島重工•ニューシーズン...


先週末は,3泊4日でロンドン旅行をして来た大島重工です.いや〜,お天気にも恵まれ,楽しかった,美味しかった!

さて,今日はまたもや皆様にご報告が...

事が起こったのは,先週水曜日,午後3時.いつものように普通〜に,オフィスで仕事をしていた私の元へ,一通のメールが.差出人,p. 「時間あるとき,プライベートのEメール,チェックしてね〜(ニコニコマーク)」

なんだろ〜?メールのトーンからして,a.の面白い写真かなぁ?と,早速その場でプライベートメールを開けて,p.からのメールをオープン.

一行目.「えっと...予想していたとは思うんだけど...今日,会社クビになりました.」

?!?!?!?!?!?!?!?!

29 August 2015

自分の背中を押してみました.

自分を出せないって結構苦しい事と思います.良く,漫画や小説,テレビなので,自分を出した後の爽快感(結果がどうであれ)が描かれているシーンを見ていて,イマイチその描写にピンと来なかった私なのですが,今回,自分で決めて,自分で本当に信じる自分というものを出してみて,めちゃめちゃ人生の達成感!?(大袈裟ですね...でも,ちっぽけな私にとっては本当に其の様に感じたのです)を味わう事が出来ました.人それぞれの置かれる文脈,状況にもよるので,いい加減な事は言えませんが,時には,ここぞという時には,自分が心底信じている熱い想いをぶちまけちゃうの,オススメかもしれません!

以下,私の例→

01 August 2015

大島重工•またもやニューシーズン

皆様,覚えているでしょうか...去年8月にブログでデカデカと発表させて頂いた,大島重工の決断

あれから一年弱.s.はまぁそれはそれは贅沢な毎日を過ごさせて頂きやした.何が贅沢って,a.が病気になっても,私には関係なーい!保育園欠席の場合はp.がa.を看ていてくれたので,私はお陰さまで,仕事の調節一つせずに済みました.これって本当に贅沢です!

ちなみに,私が把握している限りでは,p.は仕事を辞めてから最初の数ヶ月は,たまっていた家事と描きかけだった絵に専念した模様.年が明けてからは,a.がいきなり病気をしなくなって(それまではほーんとしょっちゅう保育園お休みだったのに)保育園に毎日元気に行くようになり,p.が絵を描く時間も増え.

5月には,講談社の絵本コンクールに出すという事もいきなり決めて,それから締め切りまでの一ヶ月間,寝る間も惜しんで(実際,私はこの間p.が寝るところを殆ど見ていません)絵本作成に熱中していました.とは言うものの,一ヶ月で内容を考えて絵を描いて..は無理があったと思います.私が見ても,p.のいいところが十分に出し切れていずに惜しいな,という出来上がりでした.でも,本人曰く,とりあえずやってみた事がとてもいい勉強になった!と言うことなので,この経験自体がp.の夢へ近づく一歩になったと私も信じています.

さて.
世界に向かって「p.が仕事やめるよ〜!そして,私も仕事の意味がやっと体感できて,嬉しいよ〜!」と大叫びしていたのに.皆さんから素晴らしい応援の言葉の数々,そしてお祝いのプレゼントまで頂いておきながら...

p.,来週からオーフスにあるゲーム会社で,シニアーデザイナーとして働き始めます.

以下,いろいろ言い訳です...

31 May 2015

テキサス一時帰国

去る4月後半に,一週間の里帰りをしてきました.

なぜ学期真っ只中〜,なこんな時期をわざわざ選んでテキサスに飛んだかというと.

義妹ちゃんの結婚式だったのでーす!

ここだけの話,p.は「s.の仕事あるし,行く必要はないよ」との意見でした.

いや,p.さんよ,それは違うよ!こんな大事な家族イベントに帰らなくてどーする!義両親はいつも私たちが「遠くにいる」と感じていると思うので,ここで欠席したら,またその思いを強くさせちゃうのが,私はいやなのです.逆に,こういうときに帰ることができれば,彼らだって私たちが実はそんな「遠い」ところにいるわけじゃない,こういう時に帰ってこられる距離にp.たちはいる!と思ってもらえるかもしれない.

そんなわけで,p.の「s.仕事大丈夫なの〜?」の心配を押し切って航空券も早々とゲットしたわけです.

09 May 2015

イースター!なステイケーション

もう一ヶ月前の話ですが,イースター休暇(デンマークでは,イースター周辺の木〜月が祝日)がありました.例年,なんだかんだとイベントや仕事,旅行などで忙しくなってしまうイースターなのですが,今年は,イベント入れない!ノー旅行!仕事放棄!の,のんびのび〜のイースター休暇を満喫しました.ほんっと心からリラックスしたぁ〜って思えるイースターで,火曜日に仕事に戻るのがすっごく大変でした.

いつも親の都合にa.をつきあわせているので,今回のテーマはずばり,a.孝行!3日続けてa.大好きなお散歩に出かけました.

1日目は,前から気になっていたのに機会を逃していたボタニカルガーデン







05 April 2015

A moment to remember

先日,デンマークのインターナショナル・コミュニティーが「デンマークでの思い出深い出来事」みたいなお題で,短い物語を募集していました.

そこで,p.にとっての出来事はなぁに?と聞いてみたところ,語ってくれたストーリーがとてもp.らしくていいなぁと思ったので,「出してみ出してみ〜!」と,出してもらいました.もちろん,お目当ては,賞金の「映画件2枚,しかもポップコーン&ドリンク付き」ですよ!デンマークでこれやろうと思ったら結構の額なのですよ!

残念ながら,p.のストーリーは入選しませんでしたが,ウエブにて応募者全員の物語が公開される運びとなりました.以下,p.のストーリーを記録に載せておこうと思います.

One of my most memorable moments in Denmark happens to be my very first one, in late November of 2000. I was in university back then, and studying in Oslo as an exchange student. Since it was my first time to actually live in Europe, I aimed to make the most of it with a Eurorail pass. On my way back from visiting friends in Paris, I decided on a whim to finally get off the train in Copenhagen (rather than pass through as I did before).

I stepped onto the platform that morning and was greeted by the excitement that comes with exploring a new city. My next train wasn't going to be until the evening, so I picked up a free map, and set out on my route to catch all the sights. By mid morning I saw that the battery on my MiniDisk player was running low. The thought of a long train ride without music wasn't appealing at all, so I stepped into what I thought was a cafe or restaurant to recharge it. The initial feeling was not unlike that scene in Back to the Future III, when Marty opens the cowboy doors to a bar and everything stops. Here I was, this Asian kid no older than 21, and everyone there clearly in their 60s or older, with their faces on me. Not wanting to look foolish, I pretended that I had intentionally walked into a pub in the late morning, and took a seat at one of the booths. When one of the staff came to greet me, I ordered a coffee only to find out that they didn't actually serve any, so I asked for a beer, because of course I'd want one. I then found a power outlet nearby, took out my sketchbook and cigarettes, and settled in.

After a few minutes, one of the elderly patrons came by to see what I was up to. Since I didn't speak any Danish, the older man quickly switched to very well spoken English (of course), and the questions came: Who are you, where are you from, and what are you doing here? After finding out that I was a student from Texas just passing through, he invited me to join him at the bar, where he introduced me to his friend (who was just as welcoming), and the owner (a very sweet lady in her 50s). The man then offered to buy me a drink, and although I refused, out came a half-liter of beer. Since I wasn't one to leave kindness unreturned, I bought the next round for the three of us. After a few more rounds back and fourth (and some lamenting on my part about the recent election), they then asked if I had eaten. The kind owner was offering to make us something, although they didn't serve any food there. Again I declined, but out came some fries and sausages.

I had initially planned to see all the sights of Copenhagen, but the laughter-filled hours just passed us by. Before I knew it, night had fallen and I only made it to the bar! I glanced at my watch, made the usual gestures associated with leaving, and asked for the way back to the station. They then discussed some things in Danish among themselves, and after consulting a little schedule book, they agreed the bus would work out best. With a smile, the woman put some money on the counter in front of me, and the man next to me told me to take it, as it would cover the bus fare. Stunned, my protests were quickly turned down again, and I reluctantly collected the coins she gave me and packed my things. On my way out the door, the owner stopped me, and told me to wait. She then grabbed her coat, and walked me out to the bus stop to wait with me in the rain. When the bus finally came, she sent me off with one of the most kindest and warmest hugs anyone could ever give.

I never knew it at the time, but that very same form of kindness would eventually lead my wife and I to move to Denmark, more than ten years later. Since then, we've made sure to do our part to return that feeling to others whenever possible!



10 February 2015

硬水対策

今回,日本一時帰国中にひしひしと感じたのが...


髪の毛の手触りが全然ちがーう!まとまり方,スタイリングし易さも全然ちが〜う!

そしてデンマークに戻り... あぁ,またもやスタイリングしにくい重た〜いヘアに... これってやっぱり硬水のせい?!

で,ちょっと 調べてみたら,出てくる出てくるヨーロッパでお悩みの方たち!

25 January 2015

沖縄旅行

おかげさまで大島重工も2015年を無事に迎えることができました.みなさま,今年も,どうぞ,よろしくお願いいたします.

さて,12月中旬より3週間ほど,日本へ一時帰国してきました.今回は,成田に着いたその足で,沖縄へ.一週間ほどファミリーバケーションを楽しんできました!

が.いや〜 デンマークから沖縄までは,長い道のりでしたっ

まずは,我が家から電車でビルン空港へ.荷物はスーツケース大2,中1,ボストンバッグ2.そしてa.のベビーカー.



ビルンからフランクフルトへ飛び,そこから成田へ.今回のフライトは恐ろし〜く長かった.だって,a.が寝てくれない... ま〜機内を忙しく歩き回ってましたよ...