Pages

09 November 2014

秋休み:クロアチア旅行

先月,10月中旬の秋休みを利用して,クロアチアへ一週間行ってきました.

1日目.

Billund空港からZadar空港まではRyanairで2時間半の直行便.今回a.の飛行機に対する態度は,明らかに前回と違う!今まで全然興味を示さなかった窓からの風景に,今回は釘付け.



Zadar空港でレンタカーを借り,まずはSplitに南下します.



にしても,あつっ!25度くらいある,とは,天気予報で見ていたけれど,デンマークからでは体感温度を想像しにくく...まさかこんなに暑いとは思わなんだ...もっと夏服持って来れば良かった...

今回,ホテル選びの条件は ①レンタカーがあるので,駐車場無料 ②ワイヤレス無料 ③朝食無料

で,スプリットで選んだのは,上記の3点を満たす上,ダウンタウンにも徒歩圏内の,Hotel Luxe.

デザインホテルということで期待していたお部屋は...

ちょっぴりラブホチック. 笑



お夕飯は,裏路にあるような,ひっそりとしたKonobaで.そう,今回一番最初に覚えたクロアチア語,それは,Konoba!なんとなく日本語っぽいこの響き,多分だけど,「食堂」みたいな意味みたいです.「Konoba なんとか」って名のレストランをしょっちゅう見かけました.

p.はチーズが挟んである?ステーキ.ちょっと,しょっぱ.



そう,今回クロアチア料理をいろいろ食してみて確信したこと,それは...
クロアチア人の塩の使い方,半端ない!しょっぱすぎて食べられない!というものに沢山遭遇しました...本当に,ありえないしょっぱさなのです.理由が知りたくてぐぐってみたのだけれど,判明できず.ただ,多くの旅行者がネット上でクロアチア料理に対して同じ感想を書きこんでいていたので,私たちの気のせいではないみたいです.

私が頂いたイカは,塩加減が丁度良くて,ものすご〜く美味しかった!



2日目.

今日は,Split市街を1日散策.





a.は,大はしゃぎで街中を歩き回っていました.




このお兄さんたち,良く良く話を聞いてみたら,大学でビジネスを専攻している修士学生さんでした.その衣装とは裏腹に,クロアチアの経済状況など,夢のない話で盛り上がってしまいました.



お夕飯は,盛り上がっている海岸沿いのレストランで!



とーこーろーが!
昨日の夕飯時にはおとな〜しくしていたa.なので,今晩もたかをくくっていたら,今日はどうしてもダメ!座ってたくない!ご飯もいらない!無理やり座らせようとするものなら絶叫!

てなわけで,せっかくの美味しいお魚,ゆっくり味わえずに,p.と交代でa.の散歩に付き合って,一人ずつ交代で食事です.寂しく,慌ただしい,晩餐でした(涙)

全然食べた気がしなかったので,帰り道,屋台でついつい買ってしまいました.ドーナッツボール.まいう〜🎵



でも,どうやらこの一晩で一週間分の反抗をしたのか,残りの滞在中はa.は割と大人しく私たちの夕飯外食に付き合ってくれてました.(iPadとキュウリのおかげでもあります.)

3日目.

朝食後に,軽くSplitを今一度散策.a.が昼寝中に,珈琲休憩.



そして,午後にはSplitよ,さようなら,フェリーに乗って,Hvar島へ向かいます.





私たちが今回とったホテルは,Hvar市街地からは少し離れる,Milnaに位置するHotel Fortuna

ホテルのウェブサイトからは,まぁ〜 夏!バケーション!的な雰囲気が伝わってきますが,私達が到着した10月中旬は,がらっがら.Milnaの街の人たちに,「お客さんあんたらくらいだよ」と言われた程!そ,し,て.それが,さいっこ〜〜!ホテルも空室ばかりだったので,オーナーがいくつか部屋を見せてくれ,好きな部屋を選ばせてくれました.



見て,上記のサイトのイメージとは似ても似つかない,この寂しさ感!街を独り占めした気分.ここは,まさしく,オフシーズンに行くべき島です!

ホテルにチェックインした時点でもう18時だったので,Hvar市街には行かずホテル近辺のKonobaにて,落ちていく夕日をゆっくりと眺めながらの(これまた,かなり塩辛すぎる...)お夕飯.





4日目.

午後には島を出ることになっていたので,早起きしてまずはホテル前の海岸で石投げ.



そして,Hvar城塞へ.中には,むかし〜の,刑務所なども残っており,面白い.が,何と言っても,ポイントは城塞から見渡す絶景です!



その後,Hvar旧市街を散策.





もっとゆっくりしたかったけれど,今日はDubrovnikまで行かなくてはなりません.フェリー乗り場は島の反対側.Hvar市街からフェリー乗り場まで1時間半以上かかるみたいなので,余裕を持って,15時のフェリーに間に合うよう,12時には市街を後にします.



ところが,車中でa.が爆睡したため,オムツ・運動休憩などすっ飛ばして,順調に運転していたら,計算していた時刻よりもかなり早くフェリー乗り場に到着.なんと,予定していた時間のものよりも一つ前のフェリー(13時半発)がちょうど,紐を外して,岸を離れようとしているところでした.

別にそのフェリーをキャッチしようとは全然思っていなかったのに,私たちの車を見たフェリーが,ななななんと,岸に戻り船を付け直し,紐を止め直しているではありませんか.これには相当ビックリしました!その善意に応えるべく,私,慌ててチケットを買いに走り,無事搭乗.ラッキーであります!

フェリーを降り,Dubrovnikまで海岸沿いを走ります.途中,ボスニア・ヘルツェゴビナを通過.ゆる〜いパスポートチェック.



Hotel Adriaに到着.市街地を見渡せる景色が嬉しい部屋です.



そして早速,大島家得意の,お夕飯会議.Trip Advisorを見ていたら,近くに,美味しいKonobaがあるとの事.夏期は予約必須らしいですが,10月なら勿論,walk-in楽勝!

二人分の肉プレートを頼んだら,物凄いものが出てきました...日が暮れる頃にはもっちろん完食!赤ワインが良く合いました.



5日目.

今日は,今回の旅行の目玉!の,Dubrovnik旧市街を散策.大好きなGame of Thronesの舞台でもあるしね.

と〜こ〜ろ〜が〜!!!

いやはや,右を向いても左を向いても,観光客!の嵐!いやいや,自分たちも思い切り観光客なのですがっ もうちょっと空いてるかな〜なんて期待していただけに,この,ザ・観光地!の雰囲気にがっかり...

a.は旧市街地を走り回って色んな人に挨拶しまくって楽しんでいましたが...

途中,転びそうになったところを,親切なおじさんがひょいと救い上げてくれました.
(そして何だか超ぼーっとそれを見つめている,写真左,母..)



1日ばっちり人混みの中過ごしたので,夕飯はもっと静かなところに行きたいよね!と,ホテルに帰って,作戦会議.南に30分ほど運転すると,Cavtatという街があるらしい事が分かったので,夕飯がてら散策に出かけることに.

こーれーが,大正解!人,いなーい!ゆったり歩き回り,珈琲を楽しんで.



お夕飯は,Tripadvisorで定評のあったBugenvila へ.

ここは,ブログでしっかり推薦したい!と思ったレストランです.サービス,お料理,全て,最高〜!静かな海を眺めながら,前菜→メイン→デザートを堪能しました.








このレストラン,ほんっと〜〜〜〜に,オススメです.今回の旅行で一番の外食体験を,有難う!ちなみに,ここで飲んだクロアチア産赤ワインの美味しかったこと...クロアチアのお土産として持って帰って来たくて,最終日までスーパーで探していたのだけれど,とうとう見つけることが出来ませんでした.

ホテルに戻り,a.が寝てから,テラスで夜景を見ながら,ビールタイム🎵




6日目.

最終地のZadarに向かいます.



途中,気になっていたボスニア・ヘルツェゴビナに立ち寄ることに.


海岸で石投げ遊び.今回の旅行中にa.がハマりにハマった遊びです.



流石にお腹が空いてきた私達が,a.を抱えて出発しようとすると,そりゃもう大泣き大叫び大騒ぎ...

泣き叫ぶa.を抱え,強行突破でボスニア・ヘルツェゴビナのレストランを直撃.



料理は,クロアチアとそんなに変わらない気がしました.イカうまし〜 魚にはa.もガツガツ喰らいついてました.

その後,運転を続け,Zadarに着いたらもう18時過ぎ.この日はホテル近場を散策.ついついこんなもんに乗ってしまい.



そして,ホテル近辺のピッツェリアでお夕飯.

レストランに着いてすぐにa.がウンチ.オムツを替えようにも,トイレに変える場所なし.「あ,じゃぁちょっとホテル戻ってくるから,s.飲んで待ってて〜」とa.を連れて帰ったp. 私はレストランでビールを飲んでまったりしていたのですが...

15分くらいして戻って来たp.が,「ホテルの人に,ワイフは!?と聞かれたんで,レストランで待ってるよ,って言ったらなんかすっごくビックリされたんだよね...」と言っていた.何にそんなにビックリするんだろう?と意味が分からなかったんだけど,その後,ホテルに戻って,納得.

ホテルに戻った際,その例の彼女(マネージャー)がレセプションで私たちを出迎えた際,私に「来たよ来たよ,バッド マザー!」って(汗)「旦那さんにオムツ替え頼んで自分はビール飲んでたの?信じられない,ありえない!」「クロアチアではありえないから!あなた,クロアチア人と結婚しなくてほんと良かったね!」と言われました.はい,私もそう思います... 

しかし,言われてみれば,p.と不思議だよね,と話していたことが,クロアチアでは,どこへ行っても,働いているのは男性が多いことにビックリしました!ホテルでも,レストランでも.男性だらけ,って場面に多々遭遇.このホテルのマネージャー曰く(あくまで彼女の意見なので,クロアチアにおける全夫婦のあり方がこうであるとは私は思いませんが),クロアチアでは,「男性=働いてお金を入れる.そして,家事育児には徹底して一切関わらない」スタイルが主流なんだそうです.

なるほど.クロアチアでいく先々,なんとなく,世間の私に向ける目が厳しいなと思っていたのは,気のせいではなかったのね...クロアチアの風をしっかりと肌で感じられた出来事でした.


7日目.

今日は,Zadar旧市街を散策.いや〜 旧市街,いい感じです!思ったよりも見所はたくさんあって,歩いた歩いた!




a.もはしゃいで歩き回ったので,お昼にはスパゲティ大人一人前を平らげ,その後,ぐっすり.



a.お昼寝中に,父母は,ケーキ休憩🎵



ところで,クロアチアのアイスクリーム屋さんは,アイスがとても潔くデコレーション盛りされてる!どこもこんな感じ.



クロアチアのモールというものにも興味があったので,お夕飯前に,一旦街を離れ,モールを偵察に.ここでもこんなんに乗っちゃった.a.よりも断然父の方が楽しそうです.



お夕飯は,旧市街に戻り,ツナステーキやビーフ&ニョッキなどをいただきました.




お腹いっぱいで苦しくなったので,ご飯後に小一時間ほど,街を歩き回り,最終日終了.



8日目.

楽しかったクロアチアともおさらばです.しかし,滞在中に塩分を摂りすぎたせいか,3人揃って,顔がむくんでいる気がします.

ホテルをチェックアウトする際,またしても例の彼女に「もっと旦那さんとお子さんの面倒をちゃんと見るのよ,分かった?!」と念を押されました.p.には,「彼女と離婚する決意が固まったら,すぐに私に連絡するのよ!」と言っていました. 笑 なんだかんだで,こういうお姉さん,嫌いじゃありません,私.

これ,帰りの飛行機の中から撮った,イタリア北部の大自然!こういう地球の姿に,希望とエネルギーを貰います!




a.さん,今回も両親勝手な我儘旅行に付き合ってくれてどうも有難うね.お疲れ様でした.










No comments:

Post a Comment