Pages

09 August 2014

夏休み:スエーデン旅行

a.が産まれてから,ちょくちょく旅行をしてきた大島重工.
  • コペンハーゲン一泊旅行(生後2ヶ月・レンタカー)→ブログはこちら
  • 日本へ行って(生後4〜5ヶ月・飛行機+新幹線+車)→ブログはこちらこちら
  • 日光へも足を伸ばしたり(車)→ブログはこちら
  • マルタ共和国へ行ったり(生後7ヶ月・飛行機+現地でレンタカー)→旅行記
  • 姉家族のいるドイツには2回程.一度目は飛行機(生後5ヶ月)で,2度目はレンタカー(生後11ヶ月)で.→ブログはこちら
  • テキサスには,冬休み一ヶ月程里帰り.(生後7〜8ヶ月・飛行機+現地でレンタカー)
というわけで,飛行機&レンタカーが今までの主な交通手段だったわけですが.
a.は何と言っても,車にじっと乗っているのが嫌い!普段,車のない生活なので,慣れていないのが主な原因なのかとも思うのですが...

大概,一人が運転.もう一人は,a.と一緒に後部座席でひたすらa.をあやしつつ,ナビ担当.

運良くa.が寝てくれればいいのだけれど,長距離の車旅行ではずっと寝ていてもらえるわけにもいかず.結果...

皆,疲れる!

というわけで,この夏は,車なしの旅を実行.ついでに飛行機もなし.列車とフェリーを使って,スエーデン10日間の旅をしてきました.

(ちなみに,今回の目玉は,魔女の宅急便の舞台を作る上で参考にされたという,ゴットランド島と,ストックホルム)

こーれーが,大正解!

列車でも,フェリーでも,私とp.が対等に二人でa.と遊べる.

ナビの心配もしなくていいから,景色もゆっくり見られる.

車だとゴミで散々汚くなる車内も,列車やフェリーだと,こまめにゴミ処理出来る.

達もゆっくり飲んだり食べたりが可能.

動き回れるので,体の疲れも全然違う!

こちらは,スエーデンの特急列車.奇麗だし,インターネット無料.



それに何と言っても...

飲みたい時にいつでも飲める!!

てなわけで,旅行中,s.&p.は,お昼に一杯,午後の休憩に一杯,お夕飯に一杯,そしてホテルにもビールを買って帰り,a.が寝た後に一杯.一日の間で,顔が赤くないときの方が少なかったかも,の,母でした.

本当に本当に大正解で,もう車での旅行がしたくなーぃ!!!と思った程.

気をつける点としては,荷物を極力減らす事.

今回大活躍したのは,大きすぎず,小さすぎず,の高さ68センチスーツケース.このサイズ,飛行機移動の場合は,持ち込みにするには大きすぎるし,かといって,預けるのならもっと大きいスーツケースの方がお得だし...という,あまり使えない大きさ.だけど,列車等で荷物の規定がない&一緒に動いて回るなら,とても便利サイズ!



このスーツケースに,3人分の以下の持ち物を詰め込みました(ちなみに,旅行時点でa.は一歳2ヶ月):

  • オムツ10日間分(現地で購入も勿論ありだけど,スエーデンは物価が高い為今回は持参)
  • a.のお夕飯8日分程度(レストランで食べられそうなものがなかった場合用,瓶詰めになっているレトルト食品
  • a.のミルク(牛乳が飲める子ならホテルの朝食などで出て来るものを飲めばいいと思うんだけど,a.はアレルギー用の特別ミルクなので,持参)
  • 皆の薬
  • 皆のビタミン剤(旅行中は野菜不足になるから必須!)
  • 下着,衣服等は,一人分5セットまで,気候に合わせて着替えられるように,厚さや袖の長さの違うものをチョイス.足りなくなっても,着回したり,ホテルで洗濯すればOK.
  • 洗剤(ちっちゃいボトルに入れて持参)
  • 靴は原則一人2足まで(歩く用とお洒落用.この両方が兼ね備えられているもの一足で済めば更に◎.今回2足持って行ったのは,s.のみ)
  • iPadとiPhoneチャージャー(iPadにはa.お気に入りの動画をDLしておく&オモチャは持って行かない)
  • s.のヘアアイロン(ヘアドライヤーはホテルにある事を事前に確認しておいて,持って行かない)&メーク品などなど
このスーツケースに加え,移動中に取り出しやすいもの(a.のスナック,皆のお水など)を詰めた,ボストンバッグ1つ.

現地で動き回る時に必要なa.オムツバッグはベビーカーの下に入れるので,持つ必要なし.

というわけで,移動中はスーツケース&ボストンバッグをp.が担当.私がベビーカーを担当.当初,車がないと,荷物が大変そう〜と思っていたけど,そんな事は一切なし!全っ然楽でした!

今回,ホテルを選ぶにあたり気をつけた点:

  • まず,いつもの,ワイヤレスインターネット無料.これは絶対!
  • p.と二人の頃は朝食なしのところを選んで,朝ご飯を現地のカフェで食べるのも楽しみだったけれど,a.がいる今となっては,朝起きてすぐに,皆すごい格好のままで朝食に行けるのが便利!なので,朝食つきのホテルを.(せこい大島重工は朝食の際,バナナとか梨,パンを一個くらい取っておいて,a.のお昼ご飯に活用...)
  • これ今回一番大事.列車・フェリーの駅から徒歩5分圏内ホテル!このくらいなら,雨が降っても,荷物持って頑張って行ける距離.中心街と駅って,離れている場合が多いのだけれど,とりあえずホテルにチェックインして荷物降ろしちゃえば身軽!ホテルから中心地まで歩く距離が長いのは全然苦じゃないから,これも大正解でした.
さて,今回の旅行は,こんな感じで,オーフスからぐるっと一周.



1日目:オーフスから電車で3時間,コペンハーゲン到着.

コペンハーゲンで遅めランチを取って,電車で更に30分,マルメに到着.マルメ観光.夕飯は中心街のバーレストラン Mooseheadにて.
ちなみに,a.は,ハイチェアにはなかなか大人しく座っていないんだけど,ベビーカーには割と大人しく座っていられる場合が多い.ので,今回旅行中,レストランは,全てベビーカーのまま入れるところをチョイス→a.はベビーカー乗ったままご飯.



2日目:電車で3時間(途中一度乗り換え),オスカルスハムンへ.夕飯は,港にあるカジュアルなレストランにて.



3日目:フェリーで3時間,ゴットランド島へ.


町を散歩.



夕飯は,トリップアドバイザーで上位だったお魚レストラン, Bakfickanにて.
お洒落レストランだからベビーカー無理かな?と思ったけど,運良く外の席が空いていた!



4日目:ゴットランド島,フォロー島(無料のフェリーが出ています)をレンタカーを一日借りて,観光.



フォロー島には有名な巨大岩がたくさん!大感動.


ゴットランド島内には,遺跡もたくさんあります.


でもやっぱり車はa.がだだこねて...ベビーカーなら,一日いくらでも乗っていられるんだけど,車はダメみたい.車は3人揃って疲れる〜〜〜を再確認...

5日目:前日のレンタカーで疲れたせいか,朝からa.が咳コンコン,風邪気味.でも折角なので,一日,徒歩でゴットランドの中心街ビスビューを散策.



ゴットランド博物館にも行ってみました.ゴットランドがデンマークに攻撃された時のシーンがずらり.北欧3カ国間の,実は痛々しい歴史を再認識させられます.

お夕飯を食べている間,かなりのぐずりようだったa.なぜかこんな時に限って,ファンシーなレストランをチョイスしてしまった... お高い料理が,a.ぐずりの為全然ゆっくり味わえなかった...

それもそのはず,夜20時にホテルに戻って熱を測ってみたら,40度になってた>< でも食べて飲めているので,ささっとシャワー→寝かせて様子見.

ところで,シャワーが大好きなa. しかも,シャワーのお湯を飲むのが大好きで,いつもシャワーから出てくる頃には水でお腹がパンパン...



6日目:熱は下がらず,今日も39度.でも,飲み食い出来てて機嫌もそこそこ良いので,予定通りフェリーで3時間,ストックホルムへ移動.ホテルでチェックインを済ませ,お夕飯はホテル近辺の中華料理屋(私がどうしても,アジアン食べたかった...)にて,素早く.

早めにホテルに戻り,a.は19時就寝.私達は,ビール飲みながらiPadのNetflixで映画鑑賞♪



ちなみに,この日,熱を出しながらも私達の旅行に付き合っているa.に,何とも言えない,悪気を感じた私達は,中華料理屋の隣にあったオモチャ屋さんでブリオの車を買ってあげました.滅多にそんな事しない私達,オモチャを買ってあげるのは実にたったの2度目!

おもちゃ屋では興味を示していたのに(熱を出しながらも),ホテルに戻ってみたらなんだかチョチョと遊んですぐに興味を失った模様.



丁寧に拭いて,パックし直して,翌日返却しましたとさ...

7日目:14時間程爆睡したa.は,すっかり熱が下がって元気に!まだ鼻水は出ているけど,咳もおさまった事だし,今日は思いっきりストックホルム観光.



大本命だった,アバ博物館.(ちなみに,アバ博物館は,ベビーカー禁止.でも,外に止めておく用の鍵と抱っこ紐を無料で貸してもらえます)



お夕飯は,やっぱりスエーデンに来たらミートボールでしょ!と,念入りにリサーチして決めた,ミートボール専門店,その名もMeatballs for the people.  ここ,おススメです!丁寧に作られた本場のミートボールって,美味しいのね〜 クランベリーソースや胡瓜のピクルスと一緒に食べるのが最高に合います!




8日目:引き続きストックホルム観光.時間はたっぷりあるので,徒歩でゆっくり散策.



ネットで見た,ニシンのフライを売っている屋台 Nystekt Strömmingでお夕飯.鯵フライっぽくてパクパクいける!もう一皿食べたかった...



ビールとアイスクリームは,旅行中ほぼ毎日〜



9日目:ストックホルムから電車で3時間,ヨーテボリへ到着.



お夕飯は,ホテル近くのパブ,Murvelnにて.サービスがとても良く,ビールも美味しい♪



あまりにアメリカンな夕飯になってしまったので,せめてもうちょっとスエーデンビールを飲んでスエーデンを満喫しないと!ホテルに戻る前に,スーパーでビールを物色.


ホテルに戻って,みの虫ごっこ,電話ごっこで,a.を疲れさせて寝かせた後は,ビールタイム!




10日目:ヨーテボリ散策.現地在住のお知り合いパウルさんとビール休憩で落ち合い,ちょっと時間かかるけど,島へ行くのがおススメ!と聞いて,急遽予定変更.16時のフェリーに飛び乗って,行き先はBrännö島.これが大正解ですっ 島行きフェリーから見える光景(岩でゴツゴツした島がたくさん!)は何とも言えません.





夕方に行ったせいか,島はとても落ち着いていました.端から端まで散歩,約30分.途中唯一見つかったこちらのレストランでお夕飯.


このレストラン,旅の最後の晩餐にふさわしい感動的な体験を下さいましたっ
まず,料理の味付け.デンマークもそうなんだけど,北欧の魚料理ってなぜかどうも塩辛い.

それが,ここの魚料理はちょうど良い塩加減.



瓶詰めのa.ご飯も,ただチン!じゃなくて,奇麗にお皿に盛りつけてくれました.割と混んでいて忙しいであろうなか,そのちょっとしたお気遣いがとっても嬉しい.

そんな訳で,ホテルに戻ったのはいつもよりちょっと遅めの21時半.a.の就寝時間を過ぎてしまって申し訳なかったけれど,本当に行って良かった!おススメしてくれたパウルさんに大感謝.

11日目:ヨーテボリから午後一番のフェリーに乗り,スエーデンにさようなら.3時間後,デンマークのフレデリクスハウンに到着.


こんなレトロなローカル電車に乗って,オーフスへ向かいます.


レトロなだけに,クーラーもなく,暑い...
車掌さんがa.を心配してか,ミネラルウォーターをくれました.優しい(涙)


オーフスの我が家に着いたのは19時.

そして... 家に帰ってa.にご飯を食べさせて,落ち着いて,ふと出て来た言葉.驚く事に,p.も全く同じタイミングで,同じ言葉を!

それは,「a.,またも,うちらの我が侭に付き合ってくれて有り難う」

だって,a.にしたら,親の都合に振り回されてさ〜,全くもって,いい迷惑だよね〜〜!
ほんとに,感謝感謝です.有り難うね〜 御陰さまで,とぉっても楽しい10日間でした♥


No comments:

Post a Comment