Pages

03 May 2011

Du Skælder Mig Hele Tiden Ud



私事ではありますが、今月、p.と出会った日から、6年が経ちました。すっかりロマンスのかけらも存在しない大島家になってしまいましたが、考えてみるとまだたった6年しかお互いを知らないのかー。少しは引き出しを残しておくんだったな。もう恥のかけらもなんもありゃしませんよ。

さて、デンマークは先週はイースター休暇でした。学生さん達は、一週間と一日まるまる(18日〜25日)お休み。特に休みとはならないアメリカと違って、デンマークでは公的なホリデーとなるのが水曜日の午後から翌月曜日まで。私はいつもながら仕事が遅いので、月〜金はひっそりとした学部でオフィスに籠り、仕事(うち50%は、ニュースとFB, Twitter, Mixi)に精を出しておりました。それにしたって、イースター休暇にまるで合わせてくれたかのようなこのお天気。毎日18度くらいの快晴!

そんなわけで、土曜日と日曜日は思いっきりホリデー気分を満喫することとした大島家。日曜日の方はp.にブログを更新してもらうとして、私は土曜日を担当させて頂きます。

まずは、前から気になっていたタイマッサージへ夫婦で行ってきました。オーフスに来てすぐに目に留まったのが、ありとあらゆるところにある、タイマッサージ。英語のウェブサイトもあって、割と親切そうな?ココに決めました。しかし、何度も「うちはセクシャルなマッサージは一切しませんよ!」と繰り返しているところを見ると、そんな期待をしてやってくる間抜けな客が多いのだろうか・・

外から見た感じ。大抵どこのタイマッサージも、アパートの一階にあります。



中は、やっぱタイっぽい?



夫婦揃って同じ部屋でやってもらいました。ただ、アメリカの良くあるムード作りとか、アロマテラピーとか、ナイナイ。明るい中、パンツ一丁でベッドの上に寝転がって、いやー、上からかけるカバーもなしっすか? 

そして、体格良いおばちゃんがいきなり、うつ伏せになっている私の背中に乗っかってくるという、素晴らしい出だし!アメリカでだと普通ある、フォームの記入だとか、どんなのがお好みですか、とか、ここは止めて、ってところ、とか、そんな会話は一切なし。確か、ここは3種類のマッサージがあったはずなんだけど、それも聞かれなかったよ。一体どれをされていたんだろうか、、、

最後の方には、「ハイ、ちょっと起き上がって」、とベッドの上に座らされ、p.もこっちを向いて座らされ、お互いパンツいっちょで向き合いつつ首のマッサージをうけました。びみょ〜・・ 

感想。まず、結構痛いです。p.は翌日まで痛がっていました。いつもアメリカでDeep Tissueを好んでやってた私にもちょっと痛かった。ので、普段 Swedish を好む人には向いていないかもしれません。

で、気になるお値段ですが、私達が試した30分コースは205クローネ(USドルにして40ドル)。ちなみにチップはいりません。みっちり30分で、これは結構安いと思います。このコストパフォーマンスならば、これからも仕事帰りに月一くらいで寄ろうと思います♪

さてそのまま歩く事10分。前から気になっていた、チボリに到着!




デンマーク人はほんっと国旗好きです。

チボリ公園と言えば、コペンハーゲンのものが世界的にも有名だそうで、オーフスのチボリ公園は、「しょぼい」と言うのが世論だそうですが、まず結論から先に言いますと、ここ、大、大、大、大、お薦め!!!素晴らしいところです。

入場料は75DKK(約15USD)。これはあくまで入場料のみで、乗り物券は別売り。乗りたい放題券(入場料と合わせて205DKK)も勿論ありますが、私達は観覧車に乗れれば十分、と言う事で、観覧車に乗るのに必要な分、回数券2枚 X 2人分(計40DKK)を購入。

気になる観覧車がコレ!



かえるさんと写真をどうぞー、と薦められたのだけど、ちょっぴり恥ずかしくて辞退、笑。



さて、チボリ内の人間をまとめてみると:1、小学生/中学生。2、家族(子供必須)。3、遠い目で駆け回る子供達をのんびり眺めているおじいちゃんおばあちゃん。この3カテゴリーどれにも入らない私達は、ちょっと浮いてる!?いいのだ、カテゴリー1の振りして強行突破ッ!

公園に来た理由の観覧車に直ぐ乗っちゃうのは勿体無いから、ちょっと回ってみよう、なんて言っていたら、この乗り物を発見!



あぁ、これは昔伊勢崎の華蔵寺公園で何度も何度も乗った大好きな乗り物(ちなみに、チボリ内の乗り物の種類は、華蔵寺と大分被ってます)。いてもたってもいられず、気がついたら列に便乗。

乗り物券、入場してものの5分で消える事に。



前方左に座っているおばちゃんが見えますか?大人は、子供に付き添う彼女と、私達のみでしたよ。




しかし、しかしです。

いやー、きつかった。子供の時にはこれに何回も連続して乗っていたのに!!!そうですよ、気がつけばあれから20年以上経っているのですよ、、、

p.は後ろを振り向きつつ私をビデオに納めていましたが、後から観たビデオには、「p.! 危ないから〜〜 カメラ持たないで〜〜 しっかり座って〜〜 落ちるから〜〜!!」という泣きそうな私の声が・・・

降りた後も、真っすぐ歩けないという情けなさ。やっぱ運動しなくちゃ・・ と、改めて思いました。トホホ

遊園地には、お化け屋敷も。ブランコで精力を使い果たした私、もう入る気力なんてありませぬ。



これこれ、懐かしい〜。華蔵寺で良く乗ったっけ。



公園内ではピクニックをしたりバーベキューも出来ます。




なんかいきなりハテナなものまで。



そして、ふと脇に目をやると、なにやら子供達が座ってる。

p.が子供達と一緒に前方に座りたいと煩くて大変だった!子供達優先なの!と言っても、「大人だって座ってるジャーン」って。良く見なさいな、皆子供の付き添いの親御さんでしょ!!



約20分のピエロのマジックショー。何年も変わらないような、とてもクラシックなマジック。iPadジェネレーションの子供達、飽きて席を立ってもおかしくないのに、皆食い入る様に最後までしっかり見て、驚いて、反応していました。この光景に、私とp.は、勝手になんだか、すごい大きな希望をもらいました。

ふと左右隣を見渡せば、私達の様に遠い目で微笑むおじいちゃんおばあちゃん達。彼らにとってもこの光景は、懐かしい思い出でもあり、大きな希望であるに違いない。

ちなみにこの遊園地はうちから徒歩15分程。シーズンパスを買って、春夏に通いたいと思う程、気に入りました。ロマンスとは程遠い大島家ですが、矢張り同じ方向を向いている。と感じた、一日でありました。

お夕飯も折角だから外食。半年前のp.の誕生日に行って大好きになった、Klassisk 65へ。前と同様、フレンチビールを。


前菜には、スモークサーモン。




メインには、勿論肉、のp.。



私は、うーんと、名前を忘れちゃったんだけど、デンマーク料理。チキンポットパイって感じです。



このレストランは2度目ですが、今回も、それはそれはサービスと雰囲気の良い事と言ったら。ほんっとーーーーーーに、お薦めです。

そして遊園地と言ったらこのビデオが頭に浮かびましたよ。今は亡きデンマーク伝説?の歌手、Tommy Seebachです。デンマークでの彼の評判は、賛否両論らしいですが、大島家は彼の曲が好きなのですー。



No comments:

Post a Comment