Pages

09 December 2010

If You Could Speak

昨日、ついに、一学期間の成果を試す時がやってきました。
そう!デンマーク語の試験です!

この一学期間、クラスはとても楽しく通い続けました。
クラスは無料だし、8月9月はまだ大勢いたものの、10月、11月、とどんどん寒く暗くなって行くにつれ、クラスメイトが一人減り二人減り。。。 最後の方なんて、毎回5人くらいしか。皆、ポスドクだったり助教だったりで、ほんと忙しいんだと思う。意志の弱い私も、行くのが億劫になる事もあったし、「あと1時間あればこの仕事が終るのに・・」と思う事もあったけれど、やっぱり、先生がちゃんと来ているんだから、私も行きたい、って思う訳です。というわけで、自分でもびっくりしたけど、雨の日も風の日も、雪の日も、学会でオーフスに居ない時以外は、きっちりと通い続けました。
それに、一旦クラスに着いちゃえば、楽しい!仕事の事や悩みを完璧に忘れられるし、すごくいい気分転換になってました。
そして、一番落ちこぼれの私とp.は、何故かいつも一番前の席。笑

クラスは、大抵、先生の「昨日の夜は何した?」という質問から始まるのだけれど、一番前の私は、いつも一番にあてられて、考える暇もないため、大抵いつも同じ答え: Jeg spiste min mands mad og drekke øl (夫の作ったご飯を食べてビールを飲みました)
で、先生やクラスメイトに、「なんかだらしないs.」と思われたまま一学期間が終ってしまった事が無念。来学期は、もっと頭良さそうな答えを毎回用意して行こう!

さて、試験はというと、口頭試験で、一人当たり約7分という短いもの。

試験用の準備として、デンマーク語の本を3冊読みます。まぁ、「初級者レベル用」に書かれた、簡単なものです。でも、びっくりしたのがその内容。私たちが選んだ3冊のうち2冊にセックスシーンが出て来てp.と目ん玉飛び出そうになりました。。。さ、さすがデンマーク!?

更に、「min familie(私の家族)」と「min dag(私の一日)」というお題で、簡単な作文を書いておきます。この作文ですが、我ながら、まぁ、なんとも良い作文を作ったと思います 笑 先生だって感動さっ。p.には真似されないよう(←ライバル!メラッ!)、試験前には絶対見せませんでした。でも、私はこっそりp.の作文を読んでみたところ、それはそれは、つまらない作文で、めちゃめちゃ優越感を覚えました。笑

さて、試験では、この5つ(本3つ、作文2つ)の中から一つrandomに選ばれて、それについて話すという事なのですが、先に受けたクラスメイト達がほぼ皆 min familieに当たっていたみたいで、「絶対min familieのお題が選ばれるよ」という噂が広まり、すっかり私もp.もそのつもりでいたのですが・・・

まず最初にp.が試験室へ。7分後出て来た彼、私のところに大慌てで寄って来て、「違う、min familie じゃなかった!本だった!」と。がっぴーん。私もp.も、本は当たらないものと思って、全然勉強しておかなかった・・・

そして私もものの見事に本が当たり、しどろもどろで本の内容を話しました。

二つ目は、適当な写真を見せられて、その写真について質問するというもの。昔、日本語のクラスの同じような試験で、あまりに学生さん達がtrivialな質問をして「つまらん〜 もっとcreativeな質問にしなよ〜」と思っていましたが、オーノー。今なら君たちの気持ち、よぉーく分かります。

果たして、私とp.が試験をパスしたのかどうかは謎ですが、実はこれパスしなくても来学期にはちゃんと次のレベルへ行けるそうです、笑


いやー、しかし、デンマーク語は、やっぱり職場で必須だとしみじみ感じています。
まず、ミーティング。まー、ミーティングの多い事。一日が色んなミーティングの連続で終る事もあります。で、そのミーティングっちゅーのが、そもそも、デンマーク語なんです。ま、考えてみれば当たり前だよね。
最初の頃は、ちんぷんかんぷんだったので、2、3時間にも及ぶミーティングが辛かった辛かった。仕事のメールも大抵デンマーク語。
で、研究関連のミーティングは英語で行われる事が多いですが、でも、という事は、例えば15人のデンマーク人が私のためだけに英語で喋る訳です。これははっきり言って、申し訳なさすぎて辛いです。でも、かといって、英語じゃなかったら私はついていけないので、「デンマーク語でいいよ!」とは言えない訳です。ランチタイムだって、皆が和気あいあいとデンマーク語で喋っている中、私が部屋に入った途端、英語にシフトさせてしまうようなものです。ほんと、申し訳なくって、悔しくて、情けない、思いをしました。

だから、デンマーク語、ちゃんと勉強しようと思います。今学期はクラス外で勉強する時間を設けなかったけれど、来学期はクラス外でも勉強する時間をきちんと取ろうと思います。それに、ちょっと分かって来ると、すっごく面白いっ!

今日は調子にのって、仕事関連のメールは全てデンマーク語で返しました。勿論、辞書を引いたりもするし、一通のメール書くのに相当の時間がかかりますが。そして同僚に「あらー、いつの間に上達してるわね!」と褒められ、ちょっとp.よりも上をいったキブンです(←相変わらずライバル意識めらめーらです)

Jeg ka' li' dansk! です♪


P.S. 今日のお歌はこちら




3 comments:

  1. おお~~。すごい!!頑張ってるんやね!
    教育研究活動にも従事しつつ、語学もしなきゃならないなんて、ほんと大変そう・・・。でも、少しずつわかってくると楽しいんやろうな!
    デンマークにいつか遊びに行く折には、彩依ちゃんがデンマーク人とデンマーク語で・・・を見れるのが楽しみだよん^^

    ReplyDelete
  2. 夫の作ったご飯を食べてビールを飲みました。の回答が超ウケルね。いやぁー。でも、すごいね。ちゃんと忙しい合間を縫って、デンマーク語を習うなんて。ザ・向上心!!!
    素敵な夫妻ですな。
    でも、テスト用の本でセックスシーンが出てくるって、ホントにヨーロッパって感じだねー。気まずいねー。なんとなくねー。デンマーク語で「ありがとう」を会ったら教えてもらおうっと。早く会いたいなーー。

    ReplyDelete
  3. エイコちゃん:いやはや、私がデンマーク語を喋っているなんちゅーシーンはきっといつになっても見られないような、、、 でも、買い物のtransactionとか少しデンマーク語で出来る様になりたいなぁ。頑張るぞ!
    明日会えるの楽しみにしてるー!!!!

    Shutoちゃん:「ありがとう」だけは完璧に言えるぞ♪
    とりあえず、19に会えそうかな?でもそれ意外でも是非ちょこっとお茶なりなんなりしない??近々電話するね!

    ReplyDelete