Pages

18 July 2010

人生情け舟

ドイツからデンマークへ戻る際、降り立ったのはレゴランドのあるビルン。ここからバスで1時間半程でオーフスに着くのだけれど、フランクフルトからだと、オーフスへ直接飛ぶよりも楽に$200くらい節約できるのだ。

同じ飛行機に乗っていたアジア人男性二人組に、ビルン空港で話しかけられました。月並みですが、"Excuse me. Are you Chinese?"と、笑。いえいえ、日本人です。と、話は進み、彼らも同じバスでオーフスへ向かう事が判明。彼らは、中国人。出張で上海から2ヶ月に一度の割合でオーフスに来るんだそうで。風車の会社のエンジニアとのこと。

で、出張には慣れている様子の彼ら、今回は着いたのが日曜日ということでビルン空港で換金が出来ず、クローネを持ち合わせていなかった為、バスの中、バス代を払うのに、カードも使えずあーだこーだと揉めている様子。私キャッシュ持ってるよ、とオファーするも、「いやいや、そんな事は出来ない」と恐縮する彼ら。はっきり言って、オーフスの駅でp.も待ってるし、とっととバスに出発して欲しかった私は、強引に二人の分もキャッシュで払ってしまった。

バス中で話ははずみ、お子さんの写真も見せてもらったりしているうちにオーフス駅に到着。いきなりアジア人男性二人と仲良さそうにバスから降りて来た私を見ても、p.は特に驚く様子もなく、写真を撮り続けていましたよ。

さて、p.ともすっかり打ち解けたお二人、必死にお金をおろそうとしていたのだけれど、矢張りどこも閉まっていて、近々ご飯を一緒に、と約束してお別れ。

で、数日後にメールが来て、待ち合わせたのは金曜日の6時に駅で。

























6時過ぎになって現れたのは、見た事もない一人の中国人男性。話を聞いてみれば、例のお二人は電車で違う街の工場へ行っていたのだけれど、事故が起きて帰りの電車を逃してしまったとの事。うちは電話も携帯もないので、メッセンジャーを差し向けてくれたらしい。メッセンジャーは、丁寧に謝ってくれた後、「まずお金を払わせて頂きます」とてきぱきとバス代を返してくれた上に、「これはアナタに」と良く分からないけど、ジュースをくれて、「例の二人が、代わりに明日ディナーはどうかと言っていますがご都合は」と聞かれ、とりあえず、改めて土曜日に会う約束をして、「それでは私まだ仕事が残っていますのでこれで失礼させて頂きます」と、颯爽と去ってゆきました。

しばしポカンとした私とp.ですが、折角ちょいと洒落込んで出て来たし、今日は街でご飯を食べて行こう!と。

まずは、駅にモールが繋がっているのを発見しました!映画館もあるー。



coco3から聞いた新作ジブリ「アリエッティ」がこっちに来るのかどうか、気になってしょうがない私。ちなみにデンマークでは、映画はほとんど吹き替えなし、デンマーク語の字幕。テレビもそう。こうやって皆どんどん英語が上達するわけですな。

お夕飯は、とりあえず歩いて見つける事に。運河沿いのカフェ・レストランエリアを吟味。



結局、「どれにしようかな」で決めた、ziggy






英語のメニューにほっ。





前菜。



デンマークでも、p.はやっぱりステーキ。




私はシーフードサラダ。



完食しておいて、お会計にビビる私たち。















運河沿いからは階段を上ってショッピング街に出ます。



今はどこもセール。この「OSAKA 6」って色んなところで見るんだけど、何かな?



「肉&アイスクリーム」が大好きなp.はジェラートを買って嬉しそう。



帰り道、バスの中から素敵なランプ屋さんを見つけて慌てて途中下車。うち、まだひとつもランプを買ってないのですよ・・(今の時期は12時近くまで暗くならないので必要ないので、焦らずゆっくり探します)



ついでに見つけた可愛げな小道。なんてったって、10時半過ぎでこの明るさですよ!



というわけで、「彼ら」とは会えませんでしたが、p.とオーフスの地でやっと一息、デートらしい時間を過ごせた一夜でした。実は学会の様子なども全然レポしてなかったので、ゆっくりキャッチアップして、色々話ができたので良かったのではと思います。

で、翌日土曜日はいよいよ、「彼ら」とのデート。
この様子は、p.にでもアップしてもらいますっ

P.S. 母へ。
お母さんのお古のこの水色のポロシャツ、大活躍してますよ♪

3 comments:

  1. すごい出会いだね。いきなりのAsian power。しかし都会だね。オルフス。おっしゃれ~だし!ヨーロッパって感じする。

    ReplyDelete
  2. Amazing food photos! Someday I will be able to read this in Japanese :-)

    ReplyDelete
  3. Sandie> オーフスの皆は、「ちっちゃい街」って言うんだけど、田舎者の私にしてみればめっちゃ都会なのさっ!

    Jallu>Thanks for looking at my posts! Although I write in Japanese, the photos are pretty much self-explanatory (esp. food!), aren't they? :) Someday I'll be able to write a post in Danish! hm~

    ReplyDelete